Senju Service Automation

運用現場では、開発部門と運用部門の職責分離が進められていますが、
相互の認識違いや伝達漏れなど部門間のコミュニケーションが課題となっています。
また、運用部門の負荷が高い場合や緊急作業などが発生するとオペレーションミスの恐れも増大します。

オペレーションミスを防ぐための自動実行

これら課題への対応として開発されたのがSenju Service Automation機能です。
Senju Service Automationは、 Senju/SMで申請されたジョブ制御やランブック実行などの運用オペレーションを、
適切に承認フローを行った後、 Senju/DCが自動実行する基盤です。

情報をリアルタイムに共有、全般統制を実現

依頼受付・承認・進捗状況・実行結果などの情報が関係者間でリアルタイムに共有できるため、運用部門に進捗確認をしなくても、
申請者自身が実行結果を確認することが可能です。
IT全般統制を実現するための職責分離、ワークフロー管理、証跡管理を実現します。

情報をリアルタイムに共有、全般統制を実現の画像

申請画面

申請種別ごとに申請画面マスタを作成可能(最大100種)

申請画面

ジョブ制御指示例

  • ● ネット・ジョブのスキップ指定/解除
  • ● ネット・ジョブの一時停止指定/解除
  • ● ネット・ジョブの起動時刻変更

※ネット・ジョブ定義は実際に登録されている定義を申請画面から検索・指定できるためオペレーションミスが削減できます。

ランブックオートメーション実行

最大20まで環境変数を受け渡して実行することが可能なため、様々なシステム構成に柔軟に対応できます。

ランブックオートメーション実行の画像

  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top