クラウド運用の自動化

クラウド利用のメリットの一つにスピードがあります。開発/構築スピードが速くなるため、事業の変化に柔軟に対応できるようになります。
しかし、日々の運用業務やシステム更新/リリース作業、および障害対応などに時間が掛かってしまうとクラウド利用のメリットを減少させて
しまいます。運用業務をスピードアップさせるには自動化がポイントになります。

オートスケール

Senju/OCのオートスケール機能では、新たに生まれた管理対象ノードを自動的に管理対象ノードとして登録します。
クラウド環境におけるサーバの動的なスケールアウトや、テンプレートを利用したサーバ構築への対応が可能になります。
Senju/SMにて申請を管理し、承認された作業を自動実行させることも可能です。

オートスケールの画像

ジョブ連携、Hadoop対応

Senju/OCではAamazon Elastic MapReduceなどのジョブフローを管理するテンプレートを用意しており、
オンプレミス環境とクラウド環境のジョブ連携を簡単に実現します。

ジョブ連携、Hadoop対応の画像

障害の自動通知

mPLATでは、AWSなどのクラウド環境で発生した障害をメールや自動電話等で自動通知します。
ランブックオートメーション機能を使うことにより、ログ取得やインスタンスの再起動などの初動を自動実行させることも可能です。
オンプレミスとクラウドの混在環境の一元管理もできます。

障害の自動通知

  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top