オンプレミスとクラウド混在環境の統合管理

クラウドの利用が増えているものの、全てのシステムがクラウド環境に適しているわけではありません。
業務特性によっては、物理環境のまま継続利用すべきシステムもあります。
近年クラウドを採用した多くの企業でも、オンプレミスとクラウドが混在しているケースがほとんどだと思われます。
クラウド環境とオンプレミス環境が混在すると、運用面の負荷があがります。
このような環境では、運用プロセスを可能な限り標準化し、運用負荷を下げる工夫が必要になります。

問題は、障害発生時の把握が困難になること

複雑化するシステムの運用をいかにして効率化・自動化するか、そして、多様な管理対象からの情報をいかにしてシンプルな形で
各担当者に提示するか。この二つの課題を同時に解決するのが、Senju/ENです。
多様なツール群を相互連携させる「Hub エンジン」、相関関係を考慮したルールに基づいて情報を加工する「Rule エンジン」、
そして収集・加工した情報を多様な形で表現する「View エンジン」で構成されており、これら三つのエンジンを組み合わせることで、
プライベートクラウド、仮想プライベートクラウド、パブリッククラウドなどとオンプレミス環境を束ねた統合監視、
運用自動化、ITサービスマネジメントの最適化を実現します。

パブリッククラウドの運用イメージ

パブリッククラウドの運用イメージの画像

  • サービス要求・ポータル
  • SLA管理・課金管理
  • 障害影響管理
  • 相関関係・構成管理
  • 複製、移動、分割、統合の自動化
  • オートプロビジョニング
  • リソースプール管理

もうひとつのソリューションmPLAT

もうひとつのソリューションとしてmPLAT があります。
クラウドを利用する場合、システム基盤を所有せずに、必要なリソースを必要な分だけ利用できるメリットがあります。
運用管理基盤もクラウド型で利用することにより、クラウドのメリットを最大化するのがmPLATです。
運用に必要な監視やジョブ制御機能、インシデント管理基盤、自動化機能、情報連携基盤などの管理基盤をNRIのデータセンターおよび
AWSからのサービスを利用することにより、運用担当者は運用基盤の維持管理から解放され、日々の運用業務に集中できます。
管理対象はクラウドだけでなく、オンプレミス環境も一元管理できるため、
オンプレミスからクラウドへの移行時の運用としても活用いただけます。

もうひとつのソリューションmPLATの画像

  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top