Japan

Area/Language

変更管理プロセス

変更管理プロセスは、システムに関わる変更を、効率的且つ迅速に実現し、変更に伴うインシデントの発生を抑制することを目的としています。
変更によるリスクとインパクト、リソース要件、変更に伴うコストなどに基づいて、標準的な基準を用いて変更を管理します。

変更管理プロセスの仕組み

変更管理プロセスの画像

RFC 起票 変更には規模や影響度により、「通常変更」「緊急変更」「標準変更」などのタイプがあります。RFCでは変更に関する「申請者、理由、影響、リスク、リソース、責任者、関係者、切り戻し計画」などが要求されますが、変更のタイプによって必須項目が異なります。標準変更レベルであっても、変更の手順や標準化が整備されていないと通常変更となるため、極力標準化を進めて、標準変更の範囲を広げるのが理想です。Senju/SMでは、標準化された変更要求に対して自動的に承認プロセスを廻し、システムへの変更まで自動実行するSenju Service Automationをご用意しています。
審査/承認 変更諮問委員会(CAB: Change Advisory Board)にて審査を行います。CABメンバーはアプリ開発部門、インフラ部門、運用部門など、様々な関係部署から構成されるべきですが、忙しいメンバーを毎回会議に集めるのが難しい場合は、Senju/SMのワークフローが活用できます。個人単位だけでなく、組織やチーム、役職単位でフローが廻せ、申請途中までの差し戻しも可能なため、システム上で効率的に変更可否の判断が行えます。
レビュー/クローズ 変更が行われてからあらかじめ定められた期間が経過した後レビューを行います。特に「緊急変更」の場合はレビューを確実に行う必要があります。クローズは利害関係者の合意を得てから行うべきです。Senju/SMでは、関連する他プロセスや構成アイテムを関連付けして管理できるため、利害関係者との調整や構成管理の更新をヌケモレなく効率的に行えます。

機能概要

  • ホーム画面
  • サービス要求
  • エンドユーザ画面
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理プロセス
  • 構成管理
  • リリース・展開管理
  • ナレッジ管理
  • サービスレベル管理(SLAMチャート)
  • メールテンプレートリマインドメール
  • 入力作業サポート
  • チェックリスト/チェックボックス
  • ワークフロー
  • マルチビュー/マルチデータ
  • マルチブラウザ/マルチデバイス
  • マルチリンガル対応
  • データ分析
  • 外部連携(監視ツール、CTI 等)
  • 維持管理/画面カスタマイズ
  • テンプレート(ISO20000等)
  • Senju Service Automation