Japan

Area/Language

構成管理

構成管理は、ITサービスを構成するすべての資産、及び構成アイテムの属性や構成アイテム間の関係を一元的に管理します。
正確な資産・構成情報を他のプロセスに適宜連携することで、他のプロセスの有効性・効率性を向上させます。
設置場所や世代情報などの属性情報、構成アイテム間の相互関係、
現在のステータスや過去の変更履歴などを複合的に管理できることが求められます。

構成管理の画像

リレーションの適切な維持・管理

構成アイテム管理の粒度が細かすぎる場合、関係性を定義・維持することに過度な負荷がかかります。
リレーションを適切に管理・維持することにより、仮に特定の構成アイテムが故障した際にどこまで影響が及んでいるかを把握したり、
変更の評価の際に変更によるインパクトを正確に把握したりすることができます。
構成アイテム同士を階層化して管理することもできます。例えば、電源、ラック、サーバを階層化することにより、
ラック全体の消費電力を自動集計することができます。

構成アイテムの登録予約

追加や廃棄予定の構成アイテムを予約登録して承認フローを廻すことができます。
変更に関する影響を事前に確認することができます。

構成アイテムの登録の流れ

構成アイテムの登録の流れ

機能概要

  • ホーム画面
  • サービス要求
  • エンドユーザ画面
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理プロセス
  • 構成管理
  • リリース・展開管理
  • ナレッジ管理
  • サービスレベル管理(SLAMチャート)
  • メールテンプレートリマインドメール
  • 入力作業サポート
  • チェックリスト/チェックボックス
  • ワークフロー
  • マルチビュー/マルチデータ
  • マルチブラウザ/マルチデバイス
  • マルチリンガル対応
  • データ分析
  • 外部連携(監視ツール、CTI 等)
  • 維持管理/画面カスタマイズ
  • テンプレート(ISO20000等)
  • Senju Service Automation