Japan

Area/Language

リリース・展開管理プロセス

リリース管理および展開管理プロセスはリリース計画・手順を策定し、その実行が確実に行われることをコントロールします。

リリース・展開管理の仕組み

変更管理プロセス  
リリースの計画 変更管理プロセスにて承認されたリリースおよび展開について、スコープや内容、役割分担、責任などを計画します。事前に「メジャーリリース」「マイナーリリース」「緊急リリース」などのタイプごとに標準化を進めておくと、個別調整も少なくなり効率的にリリースが行えるようになります。Senju/SMのチェックリストやマルチビュー機能を使うことにより、タイプ毎に必要な項目のみを表示させることができます。
運用の受入 運用側が受け入れるには切り戻し計画やテスト・リハーサルの実施など確認するべき項目があります。リリースはスピードが求められることが少なくありませんが、システム障害の半数以上がリリースのタイミングで発生すると言われるように、慎重かつ正確に進めるべきです。そのためには、予めタイプ別に受入基準の整備しておく必要があります。Senju/SMをベースにすることにより、関係者が複数組織に分散している場合でも効率的に受入を行うことができます。
展開作業 リリース計画に沿って展開を行います。展開によって廃止した資産の管理も求められます。
特に、個人情報の除去などは確実に行い、文書として証跡を残す必要があります。
レビュー/クローズ 展開が行われてからあらかじめ定められた期間が経過した後レビューを行います。利用者の満足度や品質基準の達成度を確認してからクローズを行います。Senju/SMでは、関連する他プロセスや構成アイテムを関連付けしてヌケモレなく管理することができます。

機能概要

  • ホーム画面
  • サービス要求
  • エンドユーザ画面
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理プロセス
  • 構成管理
  • リリース・展開管理
  • ナレッジ管理
  • サービスレベル管理(SLAMチャート)
  • メールテンプレートリマインドメール
  • 入力作業サポート
  • チェックリスト/チェックボックス
  • ワークフロー
  • マルチビュー/マルチデータ
  • マルチブラウザ/マルチデバイス
  • マルチリンガル対応
  • データ分析
  • 外部連携(監視ツール、CTI 等)
  • 維持管理/画面カスタマイズ
  • テンプレート(ISO20000等)
  • Senju Service Automation