本番システムに手を加えずに監視を行いたい

現状の課題

安定稼働している本番システムに、新たなソフトウエアをインストールすると
トラブルの発生リスクが高く、システム管理者には好まれない。

システムに手を加えずに監視

できる限りシステムに手を加えずに監視を行いたい。また、監視対象サーバーが遠隔地にあり、
簡単にソフトウエアのインストール作業が行えない場合も、手を加えずに監視を行うという点では同様の課題だ。

対象サーバが複数の場合の問題

仮に監視対象サーバーが 100 台あり、ソフトウエアをインストールせずに監視したとする。
この場合 1 台の監視サーバーがまとめて 100 台を監視することになるので、
監視サーバーに障害が起きると 100 台分のシステム監視がストップすることとなる。
システムはそのままに、かつ監視サーバーに障害が発生しても止まらない監視基盤の構築が必要となる。

解決策

本番環境には手を加えず外部から情報を参照し、障害発生時に検知するためのシステムを導入する必要がある。
サーバーにソフトウエアをインストールせずに、同レベ ルの監視を実施できることが前提である。

また、1 台の監視サーバーだけでは障害発生時の影響が大きい。複数の監視サーバ ーを用意しておくべきである。
1 台の監視サーバーに障害が発生した場合には、他の サーバーの空き状況を確認し、監視を分散することによって継続的な監視を実現できる。

監視サーバーの分散による障害時のリスク回避

監視サーバーの分散による障害時のリスク回避

Senju Family での実践方法

エージェントソフト不要の監視を実現できる「千手センサー」

Senju Operation Conductor ではエージェントソフトをインストールしなくても監視を実現できる
「千手センサー」機能を提供している。
これは千手エージェントという プログラムをインストールする場合と同様の監視項目の実行が可能だ。
監視プローブ と呼ばれる監視サーバーに情報が集められ、監視状況が表示される。

監視タスク分散を可能にする「監視プローブ変更コマンド」

監視サーバーに障害が発生した場合は、監視プローブ変更コマンドを用意している。
このコマンドの実行により他の監視サーバーの空き状況を確認し、監視タスクを分散させることが可能となる。
これらの機能により、安定稼働中のシステムに手を加えず、
エージェントレスでの監視と障害時の継続的な監視が実現できる。

システム監視Tips

  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top