Japan

Area/Language

ITサービスマネージメント

運用現場には、システムからのメッセージや稼働履歴等に加え、
利用者からの要求や運用担当者の対応履歴、外部ベンダーへの依頼状況等、さまざまな情報が集まります。
新製品Senju/ASMは、これらの膨大な情報をナレッジ化し、AIを活用した自律型運用を実現します。
また、サービスデスク、高度メッセージフィルタリング、ダッシュボード等により、ITIL®や
ISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスと、業務効率化、運用品質向上を実現します。

before after

AI活用 自律型運用

システムや利用者からの情報を集約し、機械学習を用いて特徴的な単語の一致度や前後イベントとの相関を分析することにより、障害対応のレコメンドや、運用ノウハウのナレッジ化を行います。

  • ■ 過去の類似の対応履歴とのマッチングにより、未知の障害にも未然対応します。
  • ■ システムからのイベントの継続的な分析により、将来の変化を予測します。
  • ■ インシデントの傾向分析により、より積極的なITサービスマネージメントを支援します。
  • ■ レコメンドやナレッジは、有効度をフィードバックすることにより、継続的な運用改善につなげます。
AI活用 自律型運用01 AI活用 自律型運用02