mPLAT
運用基盤クラウドサービス

mPLATとはシステム運用に必要な運用管理機能をクラウド型で提供するサービスです。
お客様は自社のオンプレミス環境および、クラウド環境に運用管理基盤を用意することなく、
mPLATのサービスを使ってシステム運用をすることができます。

AWSやAzure等のパブリッククラウドの管理機能も充実しており、素早い運用でクラウドのメリットを最大限引き出します。

Business Focus

Business Focus

監視やジョブ管理といった基本的な機能に加え、インシデント管理、構成管理、稼働統計、ダッシュボードなどの運用品質を高める機能を提供します。さらに、自動電話やランブックオペレーションなどの運用自動化機能、および初期構築サポートやツールの維持管理、要員教育などの支援サービスも同時に提供します。システム運用の負担を減らし、本業への貢献を創出します。

Quick Start

Quick Start

構築に長期間を有する運用管理システムや業務プロセスを、AWS上に構築されたクラウドサービスに接続することにより、短期間かつ安価に利用開始することができます。NRIのシステム運用ノウハウをテンプレート(ひな型)として提供し、安定稼働の実績に裏付けされた運用環境を実現します。

Flexibility

Flexibility

お客様ごとに専用の統合運用管理機能を提供するため、お客様が自社のシステムに最適な環境を自由に設定することができます。監視しきい値の変更やジョブの登録、障害イベント発生時の連絡先などを、お客様自身が容易に設定でき、業務や組織の変化に柔軟に対応できます。運用管理システムの基本設定やバージョンアップなどの維持管理に必要な作業は不要になるため、お客様は主業務である自社のシステム運用に集中できます。

mPLAT運用基盤クラウドサービス

運用基盤サービスmPLAT / SOP (Self Operation Platform)

自動化による
システム運用負荷軽減

  • ■ 監視、ジョブ、キャパシティ管理等、運用に必要な機能をSaaS型で提供
  • ■ ランブックオートメーション機能により、定常業務や一時対応を自動化
  • ■ オンプレミスとクラウドの混在環境も一元管理
運用基盤サービス mPLAT / SOP (Self Operation Platform)

サービスデスク基盤サービスmPLAT / SMP (IT Service Management Platform) , mPLAT / IWC (ITSM Watch Center)

ITIL® の運用を支える
サービスデスク

  • ■ 国内シェアNO.1※2015年ITR調べ のサービスデスクツールをSasS型で提供
  • ■ ISO20000のテンプレート等、多種多様な成功ナレッジを提供
  • ■ NRIのITサービスマネージャが継続的に運用分析、改善支援
サービスデスク基盤サービス >mPLAT / AEC (Auto Event Call) , mPLAT / MDV (Monitoring Dashboard View)

※「Senju/SM SaaS版」はバージョン2016から「mPLAT/SMP」に変更されました。

可視化、自動化基盤サービスmPLAT / AEC (Auto Event Call) , mPLAT / MDV (Monitoring Dashboard View)

インシデントの自動通知
運用の見える化

  • ■ 運用管理ツールが検知したアラートを電話連絡網に従って順番に通知
  • ■ チケットの自動登録、対応結果の自動登録が可能
  • ■ 職責ごとのダッシュボードにより、必要な人に必要な情報を提示
可視化、自動化基盤サービス TOOL FUNCTION

mPLATの導入事例

導入事例①
–販売支援業 C社様-

AWSでのインフラコスト最適化運用

リンク矢印

導入事例②
製造業 A社様

新規ビジネスに結び付ける統合監視サービスを実現する

リンク矢印

導入事例③
–情報通信業 H社様-

IoT(Internet of Things)情報収集・分析システムのクラウド化

リンク矢印

導入事例④
–サービス業 L社様-

システム構成アイテムのリレーション管理による運用効率化

リンク矢印

資料請求・お問い合わせはこちら