無意識に廻る運用プロセスの基盤

昨今のシステム開発のスピードに対応するには、運用プロセスを標準化し、運用作業をさらに効率化する必要があります。
そして標準化、効率化を進めた先、運用に関わる各担当者が特に意識をしなくても、適切なプロセスが廻るのが理想的です。

自動化の中での手動オペレーション

運用業務が自動化されれば、IT運用管理は飛躍的に効率化されますが、
自動化を進める過程において、現実的には手動オペレーションが残るケースは多くあります。

システムのナビゲートでの標準化

オペレーションエンジニアが対応する場合でも、次にやるべきことをシステムがナビゲートすることができれば、
担当者のスキルや経験値に依存することなく一定品質のサービスを提供することが可能です。

システムのナビゲートでの標準化の画像

Senju/EN ESPのナビゲーション例

Senju/EN ESPのナビゲーション例の画像

システムのナビゲートでの標準化

システム利用者や開発担当者からの様々な要求や障害対応、システム変更などのプロセスも内容によって様々であり、
適切に運用するにはある程度の経験や有識者への問い合わせが必要になってしまいます。
これらのプロセスをSenju/SMをベースに廻すことにより、無意識のうちに実施することができます。
プロセス実施を支援する主な機能を下記します。

  • インシデント画面
  • リリース・展開管理
  • メールテンプレート/リマインドメール
  • チェックリスト/チェックボックス
  • ワークフロー
  • マルチビュー/マルチデータ
  • 外部連携(メール取り込み、CTI 等)

システムのナビゲートでの標準化の画像

  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top