クラウド管理

クラウドの利用が進んでいますが、すぐにクラウドに全面移行とはいかず、クラウドとオンプレミスが混在する環境が当面続くと思われます。
運用軽減がクラウドのメリットの一つではありますが、既存のオンプレミスの運用も考慮しつつ、クラウド特有の運用課題への対応も必要に
なります。

オンプレミスとクラウド混在環境の統合管理についてはこちら

Senju Familyで総合一元管理

クラウドにおける監視のポイント

ITサービスの視点で管理する

クラウド環境におけるシステム管理者はITサービスの視点で管理する必要があります。
しかし、共有基盤を動的に利用することになるため、ITサービスに紐付く構成アイテムやシステムリソースが見えにくくなります。
つまり、障害が発生したときの影響範囲などが把握しにくくなり対応が難しくなります。
「ITリレーション管理」はITサービスに 紐付く相関関係を可視化することにより、ITサービスの品質向上を支援します。

サービス視点での管理についてはこちら

ITリレーションについてはこちら

クラウドにおける監視のポイントの画像

クラウドにおける運用自動化のポイント

オートスケール

クラウドを利用すると開発/構築が格段に速くなります。運用部門としてはそのスピードに対応すべく、
運用業務の自動化を進める必要があります。それを支えるひとつがオートスケールです。

クラウド運用の自動化についてはこちら

クラウドにおけるジョブ管理のポイント

クラウド環境との連携機能

クラウドに移管してもこれまでの運用は変更したくありません。特にジョブスケジュールについてはコストと時間をかけて開発した環境なので、
簡単には変更できません。既存のジョブスケジュール環境を活かしつつ、クラウドのメリットを享受するために、
Senju/OCではクラウド環境との連携機能を実装しています。
Senju/OCではAamazon Elastic MapReduceなどのジョブフローを管理するテンプレートを用意しており、
オンプレミス環境とクラウド環境のジョブ連携を簡単に実現します。

AWS環境の運用についてはこちら

クラウドにおけるジョブ管理のポイント01 クラウドにおけるジョブ管理のポイント02

運用管理ツール機能tool function

  • システム監視
  • ジョブ管理
  • 管理ツール統合
  • 構成管理
  • クラウド管理
  • 仮想化管理
  • ランブック オートメーション
  • ナビゲーション
  • サービスデスク
  • 申請・ワークフロー
  • ナレッジ管理
  • 分析・レポート
  • お問い合わせの電話番号
  • お問い合わせの電話番号2
  • お問い合わせフォーム
to top